地球に優しいエコな生活を送る方法とは?

エコな住まいと最新住宅事情

エコ住宅

 

エコな住まいを求める人が急増中!?

最新の住宅事情を把握して、賢く住宅選びを進めよう!

 

<自分でできるエコ住宅はこちら。>

 

 

エコ住宅のメリットとは?

近年では地球環境への配慮やエコロジーへの関心が高まりつつありますが、「住宅」の分野でも地球環境やエコロジーを意識しながら住まい選びを行う人が増えてきています。

 

その代表的な例として、オール電化ソーラーパネルなど、
環境に優しい設備が配備された住宅が挙げられます。

 

これらの地球環境に優しい設備には初期投資として少し高めの資金が必要となりますが、長期的な目で見ればコストパフォーマンスが高く、将来的には電気代などの光熱費をかなりの割合で節約することが出来ます。

 

 

 

オール電化

一般的なエコ住宅に標準装備されている代表的な設備のひとつが「オール電化」であり、近年では多くの最新エコ住宅にオール電化が取り入れられています。

 

オール電化のシステムとは、具体的に言うと住宅の中の設備をすべて電化製品に変えて、住宅内のエネルギー源の全てを電気エネルギーにするというものです。

 

たとえば、お風呂を沸かす際、一般的な家庭のほとんどで使用されているのはガス給湯器だと言われていますが、これをエコキュートなどの電気エネルギーによってお湯を沸かすシステムへと変えることがオール電化の一環となります。

 

ガスコンロ

また、一般的な家庭のキッチンには多くの場合、ガスをエネルギー源として使う「ガスコンロ」が設置されていますが、これをIHクッキングヒーターなどに変えることもオール電化の一環と言えます。

 

 

エコ住宅にオール電化を取り入れる場合、太陽光発電システムや蓄電池、温水床暖房システムなどの設備が無くともオール電化住宅として扱われます。

 

 

オール電化を導入するメリット

住まいにオール電化を導入するメリットで代表的なのは、
やはり光熱費が格安になるという点です。

 

エネルギー源を電気へ一本化することによって、ガス代の基本料金を支払う必要が無くなり、エコキュートなどの設備を活用することで、深夜帯の安い電気料金でお得にお湯を沸かすことが可能となります。

 

また、IHクッキングヒーターやエコキュートなどの設備を住まいに導入した場合、年間で約5万~10万円の光熱費を節約できると言われています。

 

そのため、住まいにオール電化を導入する事は初期投資こそ掛かりますが、将来を見据えて考えた場合のコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

 

 

 

ソーラーパネル

最近では、ソーラーパネルを屋根に設置して太陽光発電を行う設備が人気を集めています。

 

ソーラーパネル

ソーラーパネルによって太陽光を取り込んで発電した電力は、家中の電化製品に使われますが、余剰電力は電力会社が買い取ってくれるというサービスもあり、今後は更にソーラーパネルが普及していくことが予想されます。

 

ソーラーパネル設置のメリット

ソーラーパネル設置による太陽光発電の主なメリットとしては、

 

  • 二酸化炭素を排出しないので地球環境に優しいこと
  • 余剰電力を電力会社が買い取ってくれるので生活費の足しに出来る事
  • 電気代がかからなくなること
  • 各自治体からの補助金が出ること

 

などが挙げられます。

 

その中でも特に注目されているのが各自治体からの補助金に関する項目です。

 

自治体によって補助金の有無や金額は異なりますが、多くの自治体がソーラーパネル設置に掛かる費用に対する補助を行い始めており、そうした制度を利用することによってソーラーパネルによる太陽光発電を導入し易い環境が整いつつあります

 

 

また、ソーラーパネルを設置することにより、不動産価値も上がるので、もし自宅を売却することになった時などに、売却価格を高く査定してもらえる可能性があります。

 

不動産価値についてはこちら(http://www.marugoto.cc/)。

 

 

 

蓄電システム

ソーラーパネルの太陽光発電と共に人気を博しているのが蓄電システムです。

 

蓄電システムを導入することによって電力を余分に残しておくことができ、いざという時に役立ちます。それ以外にも、蓄電しておいた電力を電力会社に売ることによって家計の足しにすることもできるため、ソーラーパネルと蓄電システムの導入は今後もまだまだ人気が高まっていくことが予想されます。