寝具のひんやりグッズは就寝時の体感温度がかなり変わってきます。

ひんやりグッズでECO

 

夏をECOに過ごす為にひんやりグッズを使用するという手段があります。
どのようなひんやりグッズが人気なのでしょうか?

 

寝具のひんやりグッズ

夜暑いと寝苦しいし、夜中に暑さでおきてしまうから、とクーラーが朝までつけっぱなしと言う事がありますよね?

 

専門家の話だと、夜中のクーラーは28度設定で4時間ほどのタイマーで十分で、一晩中つける必要は無いのだそうです。

 

また、一晩中つけっぱなしだと電気代もかかってしまいますし、環境にもよくありません。
でも暑い!と言う方におすすめなのは、「寝具のひんやりグッズ」がおすすめです。

 

寝具のマットをひんやりするものに交換するだけでも、就寝時の体感温度がかなり変わってきます。また、枕につけるタイプのものなども販売されています

 

普通の敷きマットタイプや、ジェルタイプなど様々なメーカーが色々な種類のひんやりグッズを出しているので、店頭などで試してみたり確認してみましょう。

 

また、タオルケットでもひんやりするものが売られているので、そちらもあわせて使用すれば夏の夜が更に快適にすごせるかと思います。

 

 

ひんやりスカーフやひんやりタオル

水にぬらして絞るものや、保冷剤を入れて使用するものなど、様々なひんやりスカーフが販売されています。

 

かわいい柄のものも多いので、外出時に気兼ねなく使用する事が出来ますし、持ち歩き似も便利です。

 

ひんやりタオルなどの水でぬらすタイプのものなら、出先で何度でも冷たさを戻す事が出来るので便利です。

 

 

クールスプレー

ひんやりグッズ

服や靴底などに直接かけると冷たさを感じるものや、タオルなどに使って冷たさを感じるものや、頭皮に直接かけるものなど様々なクールスプレーが販売されています。

 

しかし、気化性のものが多いので、使用する際には火気に十分気をつけましょう。