毎日合計10分間アイドリングストップを行うと、年間で約47リットルのガソリンを節約できます。

アイドリングストップについて

 

アイドリングストップしている車

 

アイドリングストップをするとエコなカーライフを送る事が出来ると言われています。

そもそもアイドリングストップとはどんなものなのでしょうか?

 

 

アイドリングストップとは

アイドリングストップとは、信号待ちなどの短い停車時にエンジンを停止させることです。

 

アイドリングストップを行う事により、燃費の節約や排気ガスの削減する効果があり燃費にも地球にも優しい機能として近年販売されている車自体に機能が搭載されているものが多いです。

 

車のエンジンがかかっている状態であれば、信号待ちなどの停車時であってもガソリンが消費され、ガソリンが消費されているということは、排気ガスも出続けている事になります。

 

そのため、アイドリングストップ機能を使用するとガソリンの消費を抑え、環境に悪い排気ガスを抑える事ができるのです。

 

 

アイドリングストップ機能

車に搭載されているアイドリングストップ機能とは、メーカや車種により多少異なりますが、車の速度が低下するとそれを検地してエンジンを停止し、アクセルを踏む事でエンジンを再作動させる機能です。

 

アイドリングストップ機能を使用する際にはバッテリーを消費する為、バッテリー量が少ない場合はアイドリングストップ機能を使用できない場合があります

 

また、手動によるアイドリングストップは車の故障につながる場合があるので控えましょう

 

 

アイドリングストップの効果

アイドリングストップ機能の効果は走行量によって様々ですが、毎日運転すると仮定して合計10分間アイドリングストップ機能を使用すると、年間で約47リットルのガソリンを節約する事が出来ます。

 

また、よりよいエコドライブを心掛けるために、ガソリンの空気圧を確認するようにしたり、不要に重い荷物を積みっぱなしにしないようにしたり、過度な速度を出さないようにするするなどの行いも必要です。