リサイクルとはゴミを捨てずに工夫して資源に戻すことです。

【エコの鉄則3R】リサイクル

 

エコロジーについて考えたとき、まず最初に思い浮かぶ言葉が「リサイクル」だと答える人は多い筈です。時代と共に地球環境への配慮や意識が高まりつつあり、それと同時にリサイクルへの意識も高まってきています。

 

リサイクルは、3Rと呼ばれる地球環境に配慮した行動や取り組みを指す言葉の一角であり、「リユース」と「リデュース」、「リサイクル」の3つの言葉で構成されています。

 

 

 

リサイクルの意味

リサイクルの意味としては、
「廃物を再利用する」や「物を循環処理すること」などが挙げられます。

 

現代で使用されている容器のほとんどはガラス瓶や金属、ナイロンやプラスチックなどの素材で出来ていますが、これらの容器は便利なだけでなく丈夫で長持ちして、さらに価格が安いという利点があります。

 

しかし、便利で長持ちするにも関わらず、安値で入手できるので、使った後はすぐに捨てられてしまいがちです。

rリサイクル

 

ガラスや金属、プラスチックなどの素材で出来た容器をそのまま捨ててしまうと、自然に戻るまでに時間が掛かってしまい、地球環境を悪化させてしまうことに繋がりかねません。

 

そのため、地球環境に配慮するためにも、これらの容器はなるべくリサイクルして再利用を心掛けることが重要となってきます。

 

 

 

リサイクルの具体行動

私達が普段から実践できるリサイクルとしては、

 

  • 瓶や缶を使用後は綺麗に洗ってリサイクル専用のゴミ袋に入れて出す
  • 使った紙は裏面が空白であればメモ帳として使う
  • 使用後の紙は食器洗いの前の容器を拭くのに使う

 

などが挙げられます。

 

また、衣類や布製品をリサイクルするのであれば、要らなくなった衣服は捨てるのではなく人に譲ったり売ったりする事を心掛けることも大切です。

 

元々、高価なブランドの衣類であれば、着なくなってもネットオークションやフリーマーケットで売り出せば、必ず買い手は見つかるはずです。

 

簡単に捨てるのではなく、リサイクルの精神の下で生活していけば地球環境を守ることにも繋がりますし、家計の負担を和らげる結果にも繋がります。