パソコンの使用後はスリープ状態にしましょう。

節電テクニック

冬や夏などの極端に気温が変わる季節になると、多くの人がエアコンやヒーターを使用して快適な室温にしようと考えます。

 

しかし、エアコンやヒーターなどの電化製品は電力の消耗が激しく、外に熱を発生させてしまうので環境にもお財布にも優しいとは言えません。

 

コンセント

また、エアコンやヒーターに限らず、家に存在する多くの電化製品は常に電力を消費しているので、少しずつ電気代を上昇させるのに一役買っています。

 

そのため、少しでも電力の消費を抑え、電気代が掛からないように普段から工夫しておくことが大切です。

 

<節電用品はこちら。>

 

 

パソコン

パソコンであれば、「使用後は電源を切るのではなくスリープ状態にする」方が消費電力を抑える結果に繋がるのでオススメです。

 

パソコンは起動時に多くの電力を使うので、頻繁にパソコンの電源を付けたり消したりしていては消費電力が膨大なものになってしまいます。

 

短時間の間で何度もパソコンを使うような場合は逐一パソコンの電源を落とすのではなく、スリープ状態にしておくことで節電につなげることが可能です。

 

 

テレビ

また、私達が日常的に見ている「テレビ」にも隠された節電テクニックがあります。

 

テレビ

たとえば、テレビの画面サイズを小さめに設定するだけでも節電になりますし、音声のボリュームを下げるだけでも消費電力を抑えることが出来ます。

 

また、画面の明るさを暗めに設定することで電力の消費を抑えることが出来るので、節電を考えるな明るさを暗めに設定するのがオススメです。

 

 

冷蔵庫

常に電源が入りっぱなしの「冷蔵庫」にも節電テクニックがあるので覚えておくと便利です。

冷凍室

冷蔵庫に備え付けられている冷凍庫内は、凍ったもの同士で冷やし合うことが出来るので、出来るだけギューギューに詰め込んで収納すると余計な電力を使わなくて済み、節電につながります

冷蔵室

反対に冷蔵室の方は冷気が全体に回るように整理整頓を徹底し、スカスカな状態にしておくと節電につなげることが出来ます